美文字になる秘訣、教えます!

美文字を書くコツとは

社会人になってからも字が下手だと、恰好が悪いだけでなく、信用も失ってしまうことがあります。
美文字とは、お手本のような文字のことではなく、読む人が読みやすく、不快感を与えない文字のことです。
では、美文字を書くにはどのように書いたらいいのでしょうか。
実は、美文字を書くのは難しいことではありません。
とめやはね、はらいをきちんと書くだけでも、文字の印象は変わるのです。
とめは適当に流さずしっかり止める、はね、はらいは線がだんだんと細くなるように力の入れ加減を調整するのです。
たったこれだけでも、丁寧な文字に見えます。
また、へんやつくりに無駄な隙間を作らないことも大切です。
へんとつくりはギリギリまで近付けると良いでしょう。
横線が多い漢字は、下の線を長めに、その他の線は短めに長さを揃えると、バランスの良い美文字に見えます。
線の間隔や隙間を等しく揃えることにも気をつけましょう。
文字はわずかに右上がりに書くようにします。
右下がりに書くと美しく見えません。
大人になってから字を習いたい人のための通信講座も、今はたくさんあります。
忙しい人でも好きな時間に練習ができるため、挫折することなく楽しく続けられるのです。
下手な文字で印象が悪くならないためにも、美文字の練習をしましょう。

美文字を身に付けると暮らしに役立つ

パソコンで文書作成をする機会が増えているとはいえ、まだまだ重要なところについては手書きで対応することも多いものです。
特に手紙などは自分の心を伝えるために自分の手で書くことが必要になるのです。
急きょ手書きで書面を作成したり、サインする必要が出てくることがあります。
その時にきれいな文字なら、安心して対応することが出来ます。
ぜひきれいな文字が書けるようにしておきましょう。
最近では美文字として美しい文字を練習する教材が豊富に出ています。
まずは書籍などで試しに練習していくとよいでしょう。
より高度なものを練習したい、添削をしてもらいたいというような思いを持っている方には通信講座がおすすめです。
少々費用も掛かりますが、費用をかけた分だけを取り返そうとするため、続けやすくなるという効果もあります。
美文字について本格的に学んで身に付けていきたいという方には特におすすめの方法です。
一度美文字の書き方をマスターすれば、多くの場面で活用することが出来ます。
自宅や会社などでも重宝されることでしょう。
これから就職や結婚を控えている方には特に役立つスキルとなりますので、ぜひチャレンジしてもらいたいものです。
まずは市販の書籍を見てみることから始めていきたいものです。

recommend

アジア言語部門で満足度1位に輝いた教室で韓国語を学ぶ。

韓国語教室 東京

アメリカ留学のサポートはお任せください。

アメリカ留学

医療とエステのコラボによる美をご提供します。

札幌の美容外科

Last update:2018/4/23

Copyright 2015 Beautiful Typo. All Rights Reserved.